作業性は良いのですが・・・

リゾート地として人気のインドネシア・バリ島では今、噴火の恐れが高まっているようです。

 

小規模な地震の揺れがだんだん大きくなっており、54年ぶりに噴火するのではないかと予測されています。

 

観光旅行を計画されている方は気になってしょうがないでしょうね。

 

前回1963年に噴火した時には1000人以上もの方が亡くなられたそうですが、大きな噴火にならないことを祈ります。

 

前回商品を注文する際に、一緒に使い捨て手袋を注文してみました。

 

 

モノタロウブランド「ニトリルゴムディスポ手袋」100枚入り。

 

「柔らかく手にぴったりフィットするので、長時間の細かな作業に適しています。」・・・なるほど。

 

「便利な左右兼用タイプのため無駄なくお使いいただけます。」・・・良いじゃないですか。

 

これで¥863はお買い得♪

 

 

先日、パンク修理に使ってみたのですが問題点が二つ。

 

一つは、「通気性が無いので汗が溜まる」。

 

汗かきの私には致命的な相性の悪さ。(笑)

 

涼しくなってからが活躍の時か?

 

そしてもう一つ、「使用中に電話がかかって来たら、電話に出られない」。

 

一度外すと裏返るので嵌めなおすことが出来ないですから。

 

新しいのを出せばいいのでしょうけど、勿体ない・・・。

 

ですが作業性は良好です、小さなものも掴めますし。

 

薄い手袋なのでツール缶に入れておけばパンクした時などに手を汚さず作業が出来そうです♪