「いろんなタイプのクイック(シャフト)に対応!」

 

F1のシーズン前テストが始まり、昨年まで散々なスタートを切っていたホンダエンジンが今年は今のところトラブルなし!

 

何とビックリ。(失礼)

 

シャーシ側のトラブルが少々発生しているだけで、トップクラスの走行距離を稼いでいるという変わりよう。

 

スピードもルノーエンジンに結構追いついてきた?かも?

 

ホンダと手を切ったマクラーレンが今年も何度もエンジン交換を行ったりして、走行距離が伸びません。

 

「早まったか・・・」マクラーレンにそう思わせたならホンダとしては別の意味でも嬉しいでしょうね。

 

様々な規格と様々な形状が増えてきたリアエンド周辺。

 

困るのは今までのディスプレイスタンドが使えなくなる事もその一つでしょう。

 

そんなユーザーの皆様にお勧めなディスプレイスタンドが箕浦から発売になりました。

 

「DS-30MP」

 

 

多様化するクイックレバーの形状にも対応する新設計のカップリングを採用し、様々な車種に対応となっており、現行の3モデルDS-30BLT、DS-30BLT29er、DS-30DFBの機能を1つに集約したスタンドとなっています。

 

DS-BLTと同様の高品質な日本製スチールパイプを使用し、小径車~29erMTBまで幅広い自転車をしっかりと挟み支えます。

(タイヤ径により使用できない場合があります。)

 

・重量:720g

・サイズ:440×350×305mm

・付属品:スルーアクスル用アダプター

・価格:¥3,024

(このスタンドは取り寄せです)

 

詳しい形状等の画像は箕浦ホームページをご覧ください。