「プロファイルデザインから新設計カーボンクリンチャーホイールが登場します」

 

AFP BB NEWSにイスラエルの防衛装備品メーカー、マサダ・アーマーが開発した防弾バックパックが紹介されていました。

 

アメリカの銃乱射事件をきっかけにして開発され、アメリカに向けて既に数百個が売れたそうです。

 

9mm弾から身を守れる約3kgのものと、カラシニコフなどの自動小銃の高速弾をも防ぐものが約5kg。

 

値段は500ドル~700ドル、高校生以下の子供達には重すぎるのでもっと軽量なモデルも開発中だとか。

 

こんなベストを着なくても安心して暮らせる日本で良かったとつくづく思いますね。

 

PROFILE DESIGNからTT/TAバイクにも、ロードバイクにもマッチするカーボンクリンチャーホイールが新登場します!

 

「2.5G 38 TWENTYFOUR カーボンクリンチャーV2」

 

 

CFD解析と風洞実験で開発された独自の新しいリムは、今までと同様に高い耐熱性を誇り、空力特性とブレーキング性能を併せ持った特別なものになりました。

 

また非常に剛性の高い精密機械加工をされた独自の合金ハブを採用し、TT/TAバイクにもロードバイクにもマッチし真価を発揮するホイールに生まれ変わりました。

 

・仕様:フロント20H、リア24H

・重量:695g(フロント)、915g(リア)

・リム幅:24.5mm(内幅17mm)

・スポーク:サピム CX-Ray

・付属品:専用ブレーキパッド、クイックレリーズ、バルブエクステンダー、スペアスポーク&ニップル、リムテープ

・指定タイヤ幅:25~28mm

・最大空気圧:125psi(8.27気圧)

・最大体重:100kg未満

・価格:¥99,166(フロント)、¥117,698(リア)

(このホイールは取り寄せです)